オーブ・テック株式会社 HOME製品案内WEBカタログ安全性データ写真集会社概要Q&Aお問い合わせ
オンラインショップ
HOME
製品案内
製品案内
WEBカタログ
安全性データ
写真集
会社概要
Q&A
お問い合わせ
正社員募集(営業)
  Q&A

  ▼ 万能環境クリーナー/外壁用クリーナー(3倍濃縮)

  ▼ カーペット・壁紙用/強力カーペットシャンプー

  ▼ エアコン用クリーナー


万能環境クリーナー/外壁用クリーナー(3倍濃縮)

Q:1

今までのクリーナーと何が違うの?

A:

石油系界面活性剤(LAS・ABS・高級系アルコール等)・毒劇物は使っていません。

Q:2

石油系界面活性剤・毒劇物を使っていないと洗浄力が弱いのでは?

A:

確かに毒劇物は強力ですが、その為に天然・合成繊維は変色・色落ちのトラブルが絶えません。スペースショット「万能環境クリーナー」は、そのようなトラブルが全くなく、一般の洗浄剤の中では格段に安心・強力なクリーナーで、石油系界面活性剤に負けない十分な洗浄力があります。

Q:3

ビルをクリーニングする際、多くの種類の洗剤を使用するというのは本当ですか?

A:

はい。Pタイル用、大理石・石用(数種類)、ステンレス用、ガラス用、トイレ用、カーペット用(数種類)を含めてかなりの洗剤が必要かと思います。スペースショット「万能環境クリーナー」を使用するなら、9割の他の洗剤は要らないと思います。

Q:4

スペースショット「万能環境クリーナー」は、なぜ1つで9割をカバーできるのですか?

A:

大きな特長として、『どんな素材に使用しても腐食・変色が無い』 『塗装面・ビニール壁紙面の剥がれが無い』 『Pタイルのヒールマーク等の汚れが取れる』 『ワックスの剥離が無い』 『コピーのトナー・凝固した血液・タイヤ痕も簡単に除去できる』 などが挙げられます。

Q:5

石油系合成洗剤で床面(Pタイル・石・カーペット等)や壁面をクリーニングする時は、必ず水洗いをしなければいけませんが、どうしてですか?

A:

合成洗剤の特長は、汚れだけ取っても洗剤特有の滑りや静電気が伴う為、洗剤成分を水で洗い流したり、ウエスで取らないと、すぐ汚れてしまうからです。スペースショット「万能環境クリーナー」は滑りが全く無く、静電気防止にもなり、合成洗剤とは逆に水洗いをしなければ薄い皮膜ができ、外からの汚れを防いでくれます。

Q:6

水洗いが無いというのは、画期的なことなのですか?

A:

はい。例えば、Pタイル・大理石、御影石の鏡面仕上げ、その他の石・ステンレス・水回りなどでは、水洗いが無ければクリーニングの作業時間が1/3以下になり最大限のコストダウンになります。(ヌメリが無いというのが当製品の特長でもあります。)

Q:7

洗剤におけるトラブルはよく発生しているの?

A:

使用上の注意を間違うとすぐにトラブルになります。使用用途の間違い、希釈の間違い、使用してはいけない物やカーペット繊維・石材等・白木・桧に使用すると変色したり、汚れムラが出る、洗剤の臭いなど数えられないほどたくさんあります。スペースショット「万能環境クリーナー」は、こういったトラブル・クレームが全くありません。

Q:8

スペースショット「万能環境クリーナー」は高いのですか?

A:

汚れに応じて5倍〜400倍まで希釈できるので経済的です。下水に流れると数分で中性になり、作業員の健康・安全管理ができ、経験不足のパートの人にも安心して渡す事ができるクリーナーです。また、今問われているISO14001の環境問題も、スペースショット「万能環境クリーナー」はクリアーしていますので、どんなオーナーさんにも納得してもらえます。

Q:9

今までの合成洗剤は、スプレーで噴霧するとムセたり皮膚がむけたりしますが、何故ですか? また、スペースショット「万能環境クリーナー」は大丈夫ですか?

A:

合成洗剤や毒劇物は人間の呼吸器系に付着すると粘膜を痛めますが、スペースショット「万能環境クリーナー」は環境にやさしい成分の為、ムセません。万が一、顔や皮膚についても優しい洗浄剤ですので安心です。

Q:10

合成洗剤は下水に流してはいけないし、流す場合は分解して中性にするか、産廃業者に委託すると聞いていますが、スペースショット「万能環境クリーナー」もそうですか?

A:

スペースショット「万能環境クリーナー」は、下水に流す時は中性になり、自然にいるバクテリアが洗剤成分を分解するので工場の下水に流しても問題はありません。それにより手間・暇等の作業時間、コストの削減につながります。生分解性は【90%以上】と国際基準を上回っています。日本食品分析センターのお墨付。

Q:11

従来の洗浄剤では、クリーニング後、特に合成洗剤の嫌な臭い、カビ・尿・魚・タバコ等の臭いが残るといった事がありますが、スペースショット「万能環境クリーナー」は大丈夫?

A:

スペースショット「万能環境クリーナー」は、強力な消臭効果があり、洗剤の臭い(植物性)は若干ありますが、1分で消えてクリーニング後の部屋がさわやかになります。


▲ このページの上へ

カーペット・壁紙用/強力カーペットシャンプー

Q:1

今までのカーペット用クリーナーと何が違うの?

A:

石油系界面活性剤(LAS・ABS等)・漂白剤・毒劇物・石油系環境ホルモン等を使っていません。

Q:2

石油系界面活性剤・毒劇物を使っていないと洗浄力が弱いのでは?

A:

確かに毒劇物は強力ですが、その為に天然・合成繊維は変色・色落ちのトラブルが絶えません。スペースショットカーペット用クリーナーは、そのような変色・色落ちが全くありませんし、一般の洗浄剤の中では格段に安心・強力なクリーナーです。
アルカリ性合成洗剤では変色するウール100%のカーペットにも使用出来ます。
(財)日本化学繊維検査協会の検査をパスしています。

Q:3

今までの石油系合成洗浄剤では、カーペットに付いたコピーのトナー・凝固した血液は除去出来ないと言われていますが、スペースショットはどうなんですか?

A:

従来の石油系合成洗剤では除去できず、除去できてもカーペットの色が抜けたり変色したり弁償まで発展して業者の人は大変困っていました。しかし、スペースショットカーペット用クリーナーはそのようことが無く、完璧に除去できます。

Q:4

カーペットクリーニングは、たくさんの薬剤を使用すると聞いていますが本当ですか?

A:

はい。しみ取り用クリーナー・前処理剤・ポリッシャー/リンサー用クリーナーだけでも最低4種類。その他、泡を消す消泡剤・再汚染防止剤・静電気防止剤・繊維を柔らかくするリンス剤、計4種類も使用します。

Q:5

スペースショットカーペット用クリーナーも同じですか?

A:

いいえ、たった1種類で済みます。スペースショットカーペット用クリーナーは、希釈倍率を変えるだけで、しみ取り・前処理・機械用を兼ねます。また、他の洗剤に無い特長があり、泡が立たない・汚れにくい・静電気防止・カーペットの繊維がソフトになり・強力な消臭効果を発揮します。

Q:6

カーペットクリーニングのトラブルはよく発生しているの?

A:

使用上の注意を間違うとすぐトラブルになります。使用用途の間違い、希釈の間違い、使用してはいけない繊維、泡だらけになるのでポリッシャー等の汚れムラが出たり、石油系の特有な臭いなどたくさん有ります。

Q:7

なぜ業者は再汚染防止剤・静電気防止剤・中和剤・リンス剤・消臭剤を使わないの?

A:

昨今の価格競争激化に伴い、少しでもコストを下げる為、作業時間短縮の為、止むを得ず省いてしまいます。

Q:8

それでは折角の仕事も次回の注文がこなくなるのでは?

A:

そのとおりです。ですから、より安全で定期的な仕事を得る為にも、再汚染防止剤・静電気防止剤・中和剤・リンス剤・消臭剤が不要なスペースショットカーペット用クリーナーが喜ばれます。

Q:9

1種類ですむならスペースショットカーペット用クリーナーは高いのではないでしょうか?

A:

汚れに応じて10倍〜400倍まで希釈できるので経済的です。また毒劇物を使用しない為、トラブルが起き難く、業者の信用増大に繋がります。同時に他の溶剤代も不要・作業時間の削減が図れコストダウンに直結します。

Q:10

今までのカーペット用クリーナーは、スプレーで噴霧するとムセましたが、何故ですか?また、スペースショットカーペット用クリーナー大丈夫ですか?

A:

合成洗剤・毒劇物は人間の呼吸器系に付着すると粘膜を痛めますが、スペースショットカーペット用クリーナーは環境に優しい成分の為、ムセません。万が一、顔や皮膚についても優しい洗浄剤ですので安心です。

Q:11

合成洗剤は下水に流してはいけないし、流す場合は分解して中性にするか、産廃業者に委託すると聞いていますが、スペースショットカーペット用クリーナーもそうですか?

A:

スペースショットカーペット用クリーナーは、下水に流す時は中性になり、自然にいるバクテリアが洗剤成分を分解するので工場の下水に流しても問題はありませんし。それにより手間・暇等の作業時間、コストの削減につながります。


▲ このページの上へ

エアコン用クリーナー

Q:1

今までのエアコン用クリーナーと何が違うの?

A:

苛性ソーダーや強い毒劇物を使用していません。

Q:2

毒劇物を使っていないと洗浄力が弱いのでは?

A:

確かに毒劇物は強力ですが、その為にエアコンのアルミフィン(熱交換部)が痛みトラブルが絶えません。スペースショットエアコン用クリーナーは一般の洗浄剤の中では格段に安全で強力なクリーナーで、十分な洗浄力があります。

Q:3

その他のエアコン洗浄後のトラブルはよく発生しているの?

A:

苛性ソーダー・苛性カリなど毒劇物系の洗浄剤は、エアコンに多用されているアルミやその他の素地を傷めることがあります。ですからメーカーはリンス剤の使用を必ずうたっており、業者がそれを守らず作業を実施してトラブルが発生した場合は、リンス剤を使用していない事を盾に責任を取りません。

Q:4

なぜ業者はリンス剤を使わないの?

A:

昨今の価格競争激化に伴い、少しでもコストを下げる為、作業時間短縮の為、止むを得ず省いてしまいます。

Q:5

それでは折角の仕事も次回の注文がこなくなるのでは?

A:

そのとおりです。ですから、より安全で定期的な仕事を得る為にも、リンス剤が不要なスペースショットエアコン用クリーナーが喜ばれます。

Q:6

スペースショットエアコン用クリーナーは汚れを落とす能力だけですか?

A:

汚れに応じて10倍まで希釈できるので経済的です。また毒劇物を使用しない為、トラブルが起き難く、業者の信用増大に繋がります。同時にリンスも不要な為、作業時間と言うコストの削減と時間短縮が図れます。

Q:7

今までの洗浄剤はエアコン内部に洗浄剤をスプレーで噴霧するとムセましたが、何故ですか? またスペースショットエアコン用クリーナーでは大丈夫ですか?

A:

苛性ソーダーや毒劇物は人間の呼吸器系に付着すると粘膜を痛めますが、スペースショットエアコン用クリーナーは環境に優しい成分の為、ムセません。万が一顔や皮膚についても優しい洗浄剤ですので安心です。

Q:8

今まで防メガネやゴム手袋をしていましたが、使用しなくても良いのですか?

A:

もちろんスペースショットエアコン用クリーナーは安全ですが、汚れや怪我・キズから皆様を守る為には、どんな作業でもある程度の防護は必要です。

Q:9

今までの洗浄剤でエアコンをクリーニングすると、後にエアコンを動かすと嫌な臭いがするといった苦情が出るが、スペースショットエアコン用クリーナーは大丈夫?

A:

エアコンは洗浄すると、溶け出した汚れが内部の保温材(発泡スチロール他)に吸着し、結果としてクリーニングしたにも関らず嫌な臭いが出ます。スペースショットエアコン用クリーナーは、洗浄と同時に消臭効果を発揮しますので、問題は起きません。


▲ このページの上へ

Copyright © 2012 Orbtech Co. Ltd. All rights reserved.